いなかのプログラまん

田舎でのんびりしているプログラマのブログです。 たまに、androidアプリ作ったりしてます。

Android

Eclipse で作成したアプリを Android Studio に移行していますが、
aidlファイルの扱い方で戸惑ってしまったので、メモとして残します。

移行の仕方について、スムーズではありませんが、
Android Studio にて移行したいプロジェクトと同じ名前で
新規プロジェクトを作成して、ファイルを置きなおす方法で移行しています。

ちゃんとした方法でやれば、戸惑うこともなかったかもしれませんが。

aidlファイルをどこに置くか

aidlファイルは、src/main の下に aidl フォルダを作成し、
その中にパッケージ名でフォルダ階層を作って行きます。
 
例)IInAppBillingService.aidl を配置する場合
パッケージ名が billing.vending.android.com なので、
src/main の下に aidl/com/android/vending/billing フォルダを作成し、
その中に IInAppBillingService.aidl を配置します。
 

ビルド(Make Project)を行う

このままビルドをすると、エラーになると思います。
(billing.vending.android.com を参照しているところで)
エラーになる部分をコメントアウトして、エラーがない状態で一旦ビルドを通します。
すると aidl ファイルが展開されて、エラーになってた部分が通るようになるので、
コメントアウトしたところを戻して、再ビルドします。


スムーズな方法ではありませんが、困った時に試してみてください。
間違ってたら、すみません<(_ _;)>

Googleが新しい技術「Eddystone」を発表しました。

iPhoneでいう「iBeacon」と同じものという位置づけみたいですが、
Androidにはない欲しい機能だと思ってたので、個人的にもうれしいです。

http://japan.cnet.com/news/service/35067371/

eddystonegraphic_640x360

iBeaconと違うところは、iOSだけでなく、AndroidにもiOSにも使えるというところ。
これで、iBeaconを選ぶ必要がなくなるわけですね。
iPhoneだけに配信したい・・・となれば別ですが。

他にも、UUIDに置き換えてURLが使用できるよう。
つまり、お店専用アプリをインストールせずとも
そのお店の宣伝をすることが出来るみたいです。

どのように使うかは、APIがGitHubに公開されているようなので、
見てくださいってことですかね。
私は読める気がしないので、誰かがまとめてくれるのを待ちます。(・ω・´)キリッ

最近知ったんですが、こういうのもあるんですね。

Androidアプリの脆弱性の学習・点検ツール AnCoLe


Eclipse にインストールすることで、Androidアプリの脆弱性の点検が出来るらしい。

ついこの前 Android Studio に切り替えたばかりなのに、こういうのが見つかるんだわ。
しかもこのツール、どうやら Android Studio には未対応みたい。

正直、セキュリティに関してはわからないことが多いので
勉強したいという気持ちはあるんだけどな。

2012年発売のNexusデバイス3機種に「Android M」提供か

http://ggsoku.com/2015/07/android-m-on-nexus-2012-devices/ 


まさか、3年前の機種に最新 Android が適用されるとか胸が熱い。

今年の年初に買った「Nexus7 2013」 ですら、「Android 5.x」で終わりだろうなと
諦めていたけど、2012年発売の機種に提供されるとあれば、期待は持てる。

また別の話になるが、Xperia z1f に「Android 5.0」をお願いしたい。。
正直、今度はNexus5でも買おうかなと思ってる。 
 

今年もあるね。ABC。

jp_2015s_
 
http://abc.android-group.jp/2015s/

どんな Android のイベントも都会であるから、
田舎人にはとても行くことが出来ない。。

まあ、それはさておき

講演も聞きごたえありそうだし、バザールの企業技術も見てみたい。

講演は流行りのドローンとpepperがメインになのかな。
pepper と Android に関係あるのかわからんが。

バザールは、うーん・・どれが見たいとかじゃなくて、全部見たい!!

せめて、大阪でやらないかな。 
 

↑このページのトップヘ