いなかのプログラまん

田舎でのんびりしているプログラマのブログです。 たまに、androidアプリ作ったりしてます。

この前、まとめ買いした中の一つ「chromecast」です。

DSC_0257

TVやディスプレイにHDMIでchromecastを接続すると、
同一Wi-Fi内にいる、Androidの画面やchromeブラウザの画面をミラーリングしてくれる優れもの。

「Nexus Player」と悩みましたが、
単体でのAndroidOSは特に必要ないなと思ったので、これで十分でした。

YouTubeやHuluなどを使用するユーザにはとても便利だし(見ないけど)、
chromeブラウザにも普通に動画が再生できる機能があるので、
小さいPCの画面で物足りないときは十分に活用できそうです。

接続がない時は、スクリーンセーバーが流れてます。
使用してない時は電源を切るといいですが、TVのUSB端子から給電すれば連動して切れます。

DSC_0259

あと、うちのTVはHDMI端子が一つしかないので、HDMIの切替機も買いました。
ボタン一つで切り替えられて便利です。リモコンもあったけど、正直使わん。。

DSC_0256

頻繁に使用することもないですが、何かとチャンスはありそうです。
いろんな遊び方を試してみようと思います。
 

Androidでシムシティを始めました。

Screenshot_2015-07-26-11-42-58


前からやってみたいと思ってましたが、
Nexus7(2013)にはちょっと重いかなと思って避けてました。
けど、意外にサクッと動いてます。

ただ、端末が熱くなります。

無課金だとお金がなくて進みもスローですけどね。
レベルを上げていけば、いろんな施設が出来そうでおもしろそうです。
 

最近、いろんなものをまとめて買ったんですが、
その中で、まずはソニーのスピーカー「SRS-X1」を紹介します。

DSC_0258
 
見ての通り、お風呂でも使える防水スピーカーです。

そんなに長湯をするわけじゃないですが、
お風呂でぼーっとしてるのも勿体ないかなと思い切って設置。
音質は、特にこだわってるわけではないですが、悪い印象はないですね。

ただ、水あかなどの汚れは心配。。 

あと、基本的に接続はBluetoothになりますが、
持ってるオーディオプレイヤーがBluetoothが対応じゃないってことで、
もう一つ別の品を一緒に注文しました。

DSC_0260
 
BuffaloBluetoothオーディオ送信器です。
これで、古い物にも対応出来てバッチリでした!

SRS-X1からの曲送りなどには対応できませんでしたが、
それは予想してましたし、仕方ないですね。 
スマホとスピーカーを直接つなげるとかしたら、うまくいくと思います。
あと、そしたらスピーカーだけ通話が出来たりするようで
いろんな使い方が出来そうでした。

ソフトバンクユーザーならファミマでTポイントが3倍貯まる! - 8月4日から

http://top.tsite.jp/news/o/24734595/


ドコモでも12月dポイント制度を開始し、ローソンとの提携も発表しています。
そんな中、ソフトバンクが負けじとファミマとの提携を発表。
ポイントカード競走が激しくなってきました。

(この際、全部提携して、一つにしてくれって感じなんですけどね。)

とりあえず比較。

ドコモとローソン

・ローソンでPontaは100円で1ポイント付与。クレジットカードなら2ポイント付与。
・ドコモのDCMXで払うと、お会計の3%割引きでお買いもの。
・12月からはさらにdポイントが100円で2ポイント付与。Pontaとの2重取りも可能(っぽい)。

200円の買い物で効率がいいのは、
12月以降にDCMXでお買い物すると、お会計の3%割引でdポイント4ポイント、Pontaが2ポイント付与。
って感じかな。

ソフトバンクとファミマ

・ファミマは200円でTポイント1ポイント付与。
・8月4日からソフトバンクユーザは3ポイント付与。
・ソフトバンクカードを使うと4ポイント付与。
・さらにおまかせチャージを契約なら5ポイント付与。

200円の買い物で効率がいいのは、
8月4日以降にソフトバンクカード(おまかせチャージ契約)でお買いものすると、Tポイント5ポイント付与。
ってところでしょうか。


これだけ見ると、ドコモとローソンの方がいいね
ドコモユーザなので、ポイントが多くもらえるのはうれしい限りです。


ネットでは、MVNOにして通話料おさえた方が、なんぼも安いって話もあって
反論の余地もないんですけどね。

Eclipse で作成したアプリを Android Studio に移行していますが、
aidlファイルの扱い方で戸惑ってしまったので、メモとして残します。

移行の仕方について、スムーズではありませんが、
Android Studio にて移行したいプロジェクトと同じ名前で
新規プロジェクトを作成して、ファイルを置きなおす方法で移行しています。

ちゃんとした方法でやれば、戸惑うこともなかったかもしれませんが。

aidlファイルをどこに置くか

aidlファイルは、src/main の下に aidl フォルダを作成し、
その中にパッケージ名でフォルダ階層を作って行きます。
 
例)IInAppBillingService.aidl を配置する場合
パッケージ名が billing.vending.android.com なので、
src/main の下に aidl/com/android/vending/billing フォルダを作成し、
その中に IInAppBillingService.aidl を配置します。
 

ビルド(Make Project)を行う

このままビルドをすると、エラーになると思います。
(billing.vending.android.com を参照しているところで)
エラーになる部分をコメントアウトして、エラーがない状態で一旦ビルドを通します。
すると aidl ファイルが展開されて、エラーになってた部分が通るようになるので、
コメントアウトしたところを戻して、再ビルドします。


スムーズな方法ではありませんが、困った時に試してみてください。
間違ってたら、すみません<(_ _;)>

↑このページのトップヘ